人気ロボットアニメ「マクロスシリーズ」

人気ロボットアニメ「マクロス」とは、1982年に放送された人気のロボットアニメの一つです。マクロスと総称していますが、一番最初のタイトルは「超時空要塞マクロス」というロボットアニメで、その他のマクロスと名の付くアニメは続編となっています。

1980年代前半より、SF・ラブコメ・アイドルを融合させるという荒業ながらも、その世界感に魅了される視聴者より人気を勝ち取った話題のロボットアニメの代表作といえます。マクロスシリーズは全てのタイトルを合わせると8つのシリーズがあり、それぞれ違った登場人物に新しい視聴者の人気を勝ち取ってきています。

人気ロボットアニメマクロスのあらすじ

人気ロボットアニメのマクロスは、1999年に突如飛来した巨大物体の宇宙戦艦から始まります。この墜落によって人類は地球外生命体の存在を知り、その脅威を知った人類は、墜落した宇宙戦艦を改修してその戦艦に「マクロス」と名付けます。

しかし、そのマクロスの墜落事態が異星人の罠であり、人類は異星人との戦争に巻き込まれることになるのです。一条輝と言う主人公はミンメイという歌手を守る目的で軍に入隊します。

ミンメイの歌声は異星人へのカルチャーショックを与える事が分かり、その瞬間をねらって人類の猛反撃が始まるのです。そのうちに輝にひかれるようになります。

軍を除隊して一緒にいてほしいといいますが、未沙にひかれてしまっている輝に気づき、お互いに別の道を歩んでいくことを決意するのです。

人気ロボットアニメマクロスの人気の理由

人気のロボットアニメ、マクロスシリーズの制作スタッフは、ガンダムのファンである「ファンダム」と言われる人たちが製作に携わっています。

マクロスのその人気は、ガンダムから引き継がれたSF感、1980年代に流行してきた、ラブコメ・アイドルの存在を融合させた新しいアニメからその人気の理由と言えるのではないでしょうか。

シリーズの中では徐々に人気を落としていくものの、シリーズの人気作、マクロスF(フロンティア)でその人気を盛り返し、商品化・パチンコ・スロット・さらには作中のディーバが歌う曲にも人気が出ています。